安心できる近視クリニックとは

安心できる近視クリニックとは

クリニック別レーシック手術費用等比較表

有名人にも体験者が続々のレーザー治療、でも感染症が心配。失敗はないの?

レーザーによる近視手術は多くの有名人が受けています

プロゴルファーではタイガー・ウッズが有名ですが、他にも片山晋呉さん、平塚哲二さん、谷口拓也さん、横田真一さん、安田このみさん、宅島美香さんなどもレーシック経験者。

タレントでは山田まりこさん、乙葉さん、坂下千里子さん、陣内智則さん、叶姉妹の叶恭子さんもレーシック体験者。

さらに俳優でも加藤和樹さん、塩谷瞬さん…と、レーシックで近視治療を受けた有名人は枚挙にいとまがありません。


メスを使わないレーザーによる近視手術として世界的にも広く行われており、痛みもなく簡単に「メガネ」や「コンタクトレンズ」のない人生が手に入れられるとして、年々、体験者は増えています。
ところが、2009年、レーシックを受けようとする人たちに衝撃を与える事件がおきました。

それは「レーシック手術をうけた人が角膜炎になった」という報道。

それも集団感染したという事件で、テレビでも報道され、大きな話題になりました。

問題になった眼科はすでに閉鎖されていますが、「レーシックは怖い」「レーシックにも失敗がある」というイメージが流布されたことは否めません。

それも、高額の費用をかけて感染症になるようではたまったものではありません。


それでは、レーシックによる近視手術は危険なものなのでしょうか???


レーシック、感染症はなぜ起きた?そして安心できる眼科クリニックは?

手術を行う以上、感染症のリスクはどんな手術においても皆無ではありません。

おできを取る、歯を抜く、といった手術でも感染症のリスクはあります。

けれど、数限りない手術が世界中で行われていますが、「集団感染」などという事例は希なことです。

つまり、「感染症のリスクを排除した手術」は通常の医療機関やクリニックにとって、ごく「普通」のことなのです。

事件になったクリニックは、その「普通」を行っていなかった…というわけです。


それでも、「あの事件」をきっかけに、各・近視クリニックも「感染対策」を力を入れてアピールしています。

まず、感染リスクのあるマイクロケラトームではなく、イントラレーシックの採用

他にも、たとえば、CDC=米国疾病対策センター(CDC:Centers for Disease Control and Prevention)という世界基準の感染対策についてのガイドラインを導入した近視クリニックもあります。

また、手術室のエアコンなど空調装置には除塵・除菌機能のある高性能フィルターを用い、手術室自体を「クリーンルーム」にしているクリニックや、使い捨ての使用器具を採用しているクリニックも少なくありません。

手術用機械や器具の1例ごとの滅菌・消毒などは、医療機関として常識的な感染予防措置といってよいでしょう。


ここでは、感染症の心配がなく、確かなスキルと設備を持った、安心してレーシックを受けられる近視クリニックをご紹介します。

 

【近視クリニック・選択の条件】
●感染症に対して確かな対策を講じており、これまで感染症を起こしたことがない。

●豊富な症例数を有し、確かな技術と経験を持ったドクターがいる。

●レーシック手術後にも確かなケアサポート・長期間にわたる保証がある。

 

 

 

当サイトでは、この3つの注目してレーシックを行う眼科クリニックを探しました。

こちらで詳細情報をどうぞ→神戸クリニックの特徴「生涯保証制度について」

 



ホーム RSS購読 サイトマップ